石川県金沢市を中心に富山県、福井県の防水工事・塗装工事のことなら日精工業へご相談ください。

社長ブログ

ブログでご紹介する物件は主に元請けとして防水改修をしている物件を載せる事が多いのですが、弊社はもちろん建設会社が建てる新築工事物件の防水工事を担当させて頂く事もたくさんあります。

最近では新築工事物件の内部状況の写真を勝手にSNS等に公開する事が許されないので投稿を控えておりますが・・・

現在は8階建てホテルの新築工事現場で防水工事を頑張って施工中です。

工事中はエレベーターが無いので8階建ての屋上までの登り降りは結構キツイです。

工事も終盤に差し掛かっているので、何とか梅雨入り前に防水工事を終わらせたいと思っています。
引き続き安全に気を付けて頑張ります。

何人かの方にブログの投稿が滞っていると言われ・・・
意外と私なんかのブログを継続的にチェックして見てくださっている方がいるんだな・・・と嬉しくなった半面、ブログ投稿をサボれないなと気が引き締まった次第です。。。

金沢市内の事務所ビル屋上を防水改修工事させて頂きました。

着工前 アスファルト保護防水 保護コンクリート仕上げ
完成 塩化ビニル系シート防水 t=2.0mm 軽歩行用仕上げ
下地処理 伸縮目地材やひび割れ部に打設されてるコーキング材を撤去
施工中 塩化ビニル系シート防水 ディスク板取付状況
着工前 アスファルト保護防水 保護コンクリート仕上げ
完成 手摺り基礎部は塩ビ用プライマーを使用してウレタン塗膜防水材にて防水
着工前 アスファルト保護防水 保護コンクリート仕上げ
完成 塩化ビニル系シート防水 t=2.0mm 軽歩行用仕上げ

こちらの改修物件は、普段弊社の特定分野の仕事をお手伝い頂く事もある専門工事業者さんからのご依頼でお仕事させて頂きました。

金沢市内の防水工事店とは多々お付き合いがある専門工事業者さんにもかかわらず、弊社を選んでお声掛けしてくださった事はすごく有難い事だと感謝しております。

築年数の古い建物でしたので、今回の外部改修工事でガラッと綺麗にイメージチェンジされたと思います。
有難うございました。

昨日2/28(水)は弊社が所属するディックプルーフィング工業会の北陸ブロック会の講習会に参加してきました。

主な講習会の内容としては・・・

〇 ひび割れ補修システム・・・自動式低圧エポキシ樹脂注入工法 SKグラウトプラグA工法

能登半島地震の後、問合せ頂く事が多くなったコンクリートのひび割れ補修工事
自動式低圧エポキシ樹脂注入は幅の狭いひび割れでもひび割れ内部にゆっくりと低圧・低速で樹脂を注入する事が出来る工法です。

その中でもこちらのSKグラウトプラグA工法は注入状況に応じて注入材の追加や注入材の粘度切り替えが容易に出来、効率的で確実なひび割れ補修が出来るので弊社ではかなり前から使用しています。

もう一つの講習内容としては・・・

特殊発泡ウレタン樹脂接着剤を使用した・・・
塩化ビニル系シート防水 シーカプラン接着断熱防水仕様

特殊発泡ウレタン樹脂接着剤「SikaRoof Board Adhesive」を下地に吹き付けて断熱材を接着するというスピードに特化した他に類を見ない工法です。

接着剤吹き付け専用ガンは立ち作業で接着剤を吹き付ける事が出来る為、作業員の負担軽減と施工の安定性が向上し作業が速くなる上にムラなく施工品質も向上させる事が出来ます。

下地に適したプライマーを塗布する事で、アスファルト露出防水など各種下地にも直接接着する事が可能です。

北陸地方では主流になっている塩化ビニル系シート防水 機械的固定工法の施工では、アンカー取付けの為のドリル掘削音の発生により作業が制限される事があります。

同じ塩化ビニル系シート防水でもこちらの接着断熱工法ではドリル掘削音を大幅に軽減出来るほか、断熱材と塩ビシート防水層は全面接着されるので耐風圧性能にも優れます

弊社取り扱いの防水メーカー、旧ディックプルーフィング(株)は昨年会社統合によって新しくシーカ・ジャパン(株)としてスタートしました。
シーカはスイスに本社を置く世界100カ国以上の拠点を持つ建築・土木及び工業製品分野におけるスペシャリティ・ケミカルカンパニーです。

我々施工店として統合当初は少々不安な気持ちではありましたが、世界中で施工されている防水材料や施工工具をもっと知り得る事が出来たり、取り入れれる良い工法があるとしたら・・・と考えると少しワクワク感が出てきました。

これからのシーカ・ジャパン(株)に期待したいですね。

新年早々、大地震が発生してしまいました。
地震で被災されました皆様に心よりお見舞い申し上げます。

また、弊社にも県内外各所より安否確認のご連絡を頂きまして誠に有難うございました。
大変ご心配をお掛けいたしました。
社員及び社員の家族は全員無事でケガ等も無く、事務所建物及び社員自宅も大きな損傷は無かったです。(事務所内PCディスプレイが2台壊れたくらい)

私自身も全く問題無かったのですが、義姉が一時的に能登町の実家に帰省している事を知り・・・地震後に人づてに安否は確認出来たものの、車が納屋と共にペシャンコになっているという情報だけが舞い込んで来て、それ以外の情報は全く確認出来ない状況になってました。

不安だけが増し、地震の翌々日の早朝より会社のハイエースに想定される状況を改善出来そうな工具、食材、水、燃料など詰めるだけ詰め込んで覚悟を決めて能登町へ向かいました。

会社のハイエース(4WD)で無事現着
潰れてしまった2階建て納屋と押し潰された車
親戚の元大工に付いてもらいチェーンソーで梁を一部切断
自衛隊の人たちにたくさん声を掛けて頂きました。感謝!

義姉は怪我も無く無事で、住めなくなった家や納屋から必要な物だけを搬出積込みして義姉を連れて金沢へ帰って来ました。

片道約9時間くらいかけて無我夢中で向かい、現地では車中泊、無事に戻ってSNSを見ると一般の人は足手まといになる可能性があるから支援の気持ちがあっても能登へは向かうな!自衛隊、レスキュー隊の移動の妨げになると皆さん呼びかけており、今となっては行くべきでは無かったかと反省しておりますが、地震の翌日などはそんな事を考える余裕すら無く、ただただ救援に向かう事だけしか考えれられませんでした。

当たり前ですが、道中は常に自衛隊や救急隊車両優先を意識し左側に寄りながらバックミラーを常に確認して邪魔にならないように走り、道路の路面状況も慎重に確認しながらパンクや脱輪など2次被災で迷惑を掛ける事など絶対にしないよう細心の注意を払って、何が何でも自己責任という覚悟で向かいました。
東北大震災の時に陸前高田市へ車でボランティアで向かった時の経験も少し役に立っていた気がします。

途中からは携帯電話はほぼ使えない状況なので土地勘が無い人は絶対に行かない方が良いです。
迂回するところも多いので下手に迂回すると大変な事になってしまいます。
車高の低い乗用車も避けた方が良いです。
夜は路面状況が分かりにくいので走行しない方が良いです。

今回、現地の状況や必要な物が分からなく様々な工具や燃料を広く浅く積んで行ったので、帰りに近所の人に水をあるだけ渡せたくらいで、避難所の人たちに配布出来るだけの水や食料、燃料等を支援する事まで出来なかったのが大変心残りです。

あの広範囲での被害状況では電気や水道が復旧するのにかなりの月日を要する事になると思います。
支援物資を届ける事も大事ですが、金沢などへ一時的に連れてくる事も選択肢としては重要な事だと思います。
(ただ能登の人たちは地元愛がすごく強いんですよね・・・なかなか地元を離れようとしない人が多いように思えます。)

また微力ながらではありますがタイミングを見て出来る限りの能登への支援をしていきたいと思いますし、被災地が1日でも早く復興することを願っています。

本日1月6日(土)、朝から毎年恒例の白山比咩神社への初詣を社員と共に。
早速午後から現場作業に取り掛かっております。

事務所は連休明け(1月9日)より通常通り営業します。

本年も変わらぬご愛顧のほど、宜しくお願い申し上げます。

弊社は下記の期間につきまして休業とさせていただきます。
期間中はご不便をおかけ致しますが
何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

休業日:2023年12月29日(金) - 2024年1月8日(月)
1月9日(火)より通常通り営業いたします。

皆様、良いお年をお迎えください。

7月より着工しておりました石川県の県有施設長寿命化対策工事がこのほど完工いたしました。
屋上、PH屋上等合わせて計2,142m2の防水改修工事です。

着工前
完 成 (塩化ビニル系シート防水 t1.5mm S-M2工法)
防水改修工事 施工中
アルミ箔付き絶縁マット敷き及びディスク板取付
塩ビシート防水層貼り込み状況
塩ビシート防水層貼り込み状況
塩ビシート防水 施工中
着工前
完 成 (塩化ビニル系シート防水)
着工前
完 成 (塩化ビニル系シート防水)
着工前
完 成 (塩化ビニル系シート防水)

7月下旬より着工し8月には最高気温40度予報で作業を中止した日もあったりと非常に暑い中での作業でしたが、もういつの間にか冬になってしまいました。
月日の経つのは本当に早いですよね・・・
天候が悪くなる前に無事に完工出来て良かったです。

施設内の方々にも騒音等でご迷惑をお掛けしましたが、ご協力頂き有難うございました。
関係者の皆様、大変お世話になり誠に有難うございました。

9月・10月とブログ更新をサボってしまいましたが・・・
先月工事させて頂いた消防署庁舎屋上(804m2)の防水改修工事をご紹介します。

着工前 (既設アスファルト保護防水 保護コンクリート仕上げ)
完 成 (新設 塩化ビニル系シート防水 t=1.5㎜ S-M2工法)

お馴染みの塩化ビニル系シート防水 S-M2工法(機械的固定工法)での防水改修ですが、今回は補強複合タイプに分類される高耐久の塩ビシート(シーカプランG(シーカ・ジャパン(株))を使用して防水改修しました。

絶縁マット敷き及びIWディスク板の取付状況
シーカプランG(補強複合タイプシート)貼り込み状況(IWディスク板との融着)

ディスク板の取付間隔について600ミリ×600ミリ程度で取り付ける事が多いのですが、こちらの高耐久塩ビシート(シーカプランG)は引張・引裂強度に優れたシート・剛性の高いディスク板・引抜き強度の強いアンカーを使用する事でディスク取付間隔を広くする事が可能な防水システムです。

ディスク標準割り付け図例
(カタログ抜粋)
アンカー引抜き強度試験状況

事前に現場屋上で確認するアンカーの引抜き強度検査。
試験器が10,000Nまでしか計測出来ない機器なので途中で止めていますが、8,000Nくらいでも抜けないくらい引抜き強度が非常に強いアンカーでディスク板を固定しています。

塩ビシートの製品巾も他のメーカー品より巾広(1.54m巾)な為、シート重ね部分の溶融着作業も少なくて済みます。

シーカプランは徹底的に強度と施工性にこだわって作られた防水システムです。
弊社は同じ塩化ビニル系シート防水でも現場の立地条件や形状によって適材適所な防水製品を択んで提供させて頂いてます。

庁舎内で勤務されてる署員の皆さま、監理事務所・元請けの皆さま、大変お世話になり有難うございました。

栄養補給の会

先週末の25日(金)は夕方より社員に栄養補給をしてもらおうと事務所近くの焼肉店へ焼き肉を食べに行きました。

25日(金)は正午までの最高気温が小松で全国1位となる38.1度を観測したそうです。

今回は現場元請け所長さんにもお願いして15時で現場を上がらせてもらい、なるべく社員の負担にならないよう18時30分には焼き肉も終了して早めに帰宅し休んでもらいました。

コロナ禍の時にはお肉を配って各自自宅で食べてもらうような事もしましたが、夏場の焼き肉と梅干しの配布は毎年の恒例行事となっています。

まだまだ残暑が厳しいとは思いますが、週末の連休休みの前に栄養補給と愉しい懇親の場が設けれらて良かったと思っています。

工期の無い中、無理を聞いて頂いた元請けの所長さま有難うございました。
引き続き熱中症に気を付けて頑張りたいと思います。

少し前になりますが、先月6月17日と22日にボランティア清掃活動に参加して来ました。

6月17日は日頃お世話になっている建設会社さんの下請け協力会の活動として毎年行っている地域の街路樹廻りの除草と側溝内の清掃。

建設会社さん下請け協力会の清掃ボランティア活動 (6月17日)
建設会社さん下請け協力会の清掃ボランティア活動 (6月17日)

6月22日は石川県防水事業協同組合が毎年行っている、公共施設の屋上ボランティア清掃活動。
今年は金沢市立浅野川中学校の屋上清掃活動が実施され、参加して来ました。

防水組合の屋上清掃ボランティア活動(6月22日)
防水組合の屋上清掃ボランティア活動(6月22日)

防水組合の屋上ボランティア清掃活動時には、屋上防水層の点検も同時に行って防水層の劣化状況報告書も作成し市役所に提出しています。

毎年6月の梅雨時期の開催なので、雨天の中だったり暑かったりしますが、作業が終わった後の充実感は大変清々しく感じます。

協力業者の方からの雨漏りのご相談を受け、福井県坂井市内にある店舗の屋上を防水改修させて頂きました。

着工前 既設ウレタン塗膜防水
完成 塩化ビニル系シート防水 遮熱保護塗料仕上げ
着工前 ウレタン塗膜防水
完成 塩化ビニル系シート防水 遮熱保護塗料仕上げ
着工前 ウレタン塗膜防水
完成 塩化ビニル系シート防水 遮熱保護塗料仕上げ
着工前 ウレタン塗膜防水
完成 塩化ビニル系シート防水 遮熱保護塗料仕上げ
着工前 ウレタン塗膜防水
完成 塩化ビニル系シート防水 遮熱保護塗料仕上げ
着工前 ウレタン塗膜防水
完成 塩化ビニル系シート防水 遮熱保護塗料仕上げ

施工状況 ↓

アルミ製手摺の架台を防水で巻込む際には必ず支柱の根元に穴を開けて支柱内の空洞に樹脂を注入し、支柱内の防水処理及び水抜き処理を実施するようにしています。
アルミ製手摺の支柱内は空洞になっていて、どこからか支柱内に雨水が浸入するんです・・・
既設ウレタン塗膜防水層の上から絶縁マットを敷き込み、ディスク板をアンカー固定をした後に塩ビシート防水層を溶融着しながら貼り込みます。
最後に塩化ビニル系シート防水専用の高反射遮熱保護塗料(VTコート C)を塗布して完成です。
高反射遮熱保護塗料(VTコート C)、塩ビシート防水のオプション仕上げの遮熱保護塗料ですが最近ご採用頂く事が多くなりました。
塩ビシート防水表面は汚れが付きやすいのですが、VTコート Cを塗る事で汚れが付きにくくなり、塩ビシート防水層を紫外線から守る効果もあるので防水層の寿命を延ばすことが出来ます。
完 成

遮熱保護塗料仕上げのオプションは価格は少々プラスされてしまいますが、次の防水改修までのサイクルを延ばす事も出来るので本当にオススメしたいオプションです。

工事を依頼して頂いた協力業者の方々、お施主様、お力になる事が出来て光栄です。
どうも有難うございました。